このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

住所など文字数に制限があるときの入力方法が分からない。

 住所等の入力画面に表示されている文字数では、一部入力できない文字があるのですが、入力する際の規定等はあるのですか。

回答

 文字情報の入力は、申告書等に印刷する際の桁数の制約からこのコーナーではそれぞれ限られた文字数しか入力できません。
 したがって、制限文字数より多い文字数の場合には、省略して一般的に判断可能なもので影響が生じないと思われるものは省略して入力してください。
 省略可能な例は、住所を市区町村から入力したり、マンション名等を省いたり、株式会社を(株)と省略したりするなどです。

 省略することができない場合は、先頭から画面に表示されている文字数分を入力し、入力できなかった文字は手書き補完してください。なお、e-Taxへ直接送信する場合は、手書き補完できないことから、できるだけ省略して入力してください。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る