このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

償却済みの減価償却資産の入力方法(5年均等償却)

 平成18年1月に購入した減価償却資産の減価償却費の累積額が、平成26年分で取得価額の95%相当額に達することになりました。

 残りの5%部分について、5年均等償却ができると聞きましたが、どのように入力するのですか。

(1) 取得資産:応接セット(接客業用以外)
(2) 取得日 :平成18年1月10日
(3) 取得価額:500,000円
(4) 法定耐用年数:8年
(5) 償却率 :0.125
(6) 前年末未償却残高:25,000

回答

 5年均等償却は、減価償却費の累計額が取得価額の95%相当額に達した年分の翌年分から適用されますので、平成27年分から5年間で、1円まで均等償却することになります。

 具体的な減価償却費の計算は、次のとおりです。

年分

26年分

27年分 28年分 29年分 30年分 31年分
取得価額 500,0000
期首未償却残高 50,000 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000
償却費の額 25,000 5,000 5,000 5,000 5,000 4,999
期末未償却残高 25,000 20,000 15,000 10,000 5,000 1

(単位:円)
※ 未償却残高が1円になるまで償却しますので、平成31年分の償却費の額は、4,999円となります。

 作成コーナーにおいて5年の均等償却を計算する場合には、通常の減価償却費と同様に取得価額や未償却残高等を入力することにより、自動的に計算をします。

平成27年分における入力例

(減価償却費の入力画面)

※ 「12 摘要」欄は、入力不要です。

↓ 減価償却資産の内訳画面の表示内容

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る