このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

旧税率の適用がないにもかかわらず「付表2‐(2)」が作成される

 一般課税の場合の付表については、税率6.3%のみの適用の場合には「付表2」を、複数税率の適用がある場合には「付表2-(2)」をそれぞれ申告書に添付することとされていますが、平成27年分の消費税の確定申告書作成コーナーにおいては、税率6.3%のみの適用の場合及び税率4%の適用のある場合双方に対応するため、統一して「付表2-(2)」を作成し、出力しています。
 
 なお、税率6.3%のみの適用の方が「付表2-(2)」を用いて計算を行った場合でも税額に変動等はありませんので、作成された様式をそのまま税務署に提出(送信)してください。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る