このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

「売買契約書等で、家屋と土地などの購入価格が合計して記載されている。」とは

回答

 マンションや建売住宅、中古住宅を購入した場合、売買契約書の売買代金が家屋部分と土地部分を合計した金額で記載していることが多いようです。
 この場合は、「住宅借入金等特別控除(入力画面判定)」画面の質問2「売買契約書等で、家屋と土地などの購入価格が合計して記載されている。」にチェックを付けます。

 一方、土地と建物を別々に取得した場合は、それぞれに売買契約書又は工事請負契約書等で金額が記載されています。
 この場合は、「住宅借入金等特別控除(入力画面判定)」画面の質問2「売買契約書等で、家屋と土地などの購入価格が合計して記載されている。」にはチェックは不要です。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

サブナビゲーションここから

関連する内容

特に多いご質問

サブナビゲーションここまで

  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る