このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

作成コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)を利用する方法

回答

 決算書・収支内訳書コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)については、他の会計ソフト等を利用して送信したり、作成コーナーのトップページから読み込んで内容を表示させることができます。
 また、決算書・収支内訳書作成コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)については、所得税の申告書データと併せて送信することができます。
 ただし、電子申告等データは修正することができませんので、「入力データの一時保存(作成を中断する場合)」ボタンをクリックし、作成コーナーで作成したデータを保存することをお勧めします。
 
 また、作成したデータに丸付き文字やかっこ付き文字などが含まれていると、e-Taxソフトでの組み込みができませんのでご注意ください。
 ※ e-Taxで使用できる文字については、e-Taxホームページをご覧ください。

電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)を利用する方法

1 e-Taxソフトを使用してe-Taxへ送信する方法

 確定申告書等作成コーナーで保存した電子申告書等データ(拡張子が「.xtx」)をe-Taxソフトを使用してe-Taxへ送信する方法については、こちらをご覧ください。

2 確定申告書等作成コーナーのトップページから読み込んで内容を表示させる方法

※ ここでは、決算書・収支内訳書作成コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)を表示させる方法について説明します。

① 作成コーナートップページの「送信した申告書等の表示」をクリックします。

② 「電子申告等データの読込」画面で「選択」ボタンをクリックします。

③ 決算書・収支内訳書コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)を選択し、「開く」ボタンをクリックします。

④ 「保存ファイル名」に選択したデータが表示されていることを確認し、「電子申告等データ読込」ボタンをクリックします。

⑤ 読み込んだデータの内容が正しく表示されていることを確認し、「次へ」ボタンをクリックします。

⑥ 「帳票表示・印字」ボタンをクリックします。

⑦ 画面下部にメッセージが表示されるので、「ファイルを開く」をクリックします。

⑧ 電子申告等データが表示されます。

3 決算書・収支内訳書コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)を所得税の申告書データと併せて送信する方法

① 所得税の申告書作成コーナーの「送信準備(利用者識別番号等の入力)」画面で、「決算書等の送信」の「決算書・収支内訳書のデータや支払者から電子交付(xmlデータ)を受けた源泉徴収票などを一緒に送信する。」にチェックし、次の画面へ進みます。

② 「送信準備(同時に送信する決算書等データの選択)」画面で「2 電子申告等データの選択」の「参照」ボタンをクリックします。

③ 決算書・収支内訳書コーナーで保存した電子申告等データ(拡張子が「.xtx」)を選択し、「開く」ボタンをクリックします。

④ 電子申告等データが選択されていることを確認し、「入力終了(次へ)」ボタンをクリックします。次の画面以降でデータ送信を行うことで、決算書・収支内訳書コーナーで保存した電子申告等データが所得税の申告書データと併せて送信されます。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る