このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

e-Taxを利用するために必要な準備とメリット

 e-Taxは、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続きができるシステムです。
 ここでは、e-Taxを利用するためにあらかじめ必要な準備とメリットについてご案内します。
 

1 e-Taxを利用する場合の事前準備

STEP1:パソコンの利用環境を確認します。

 個人の方が確定申告書等作成コーナーで作成した申告書等のデータを、e-Taxに送信するためには、パソコンのOS、ブラウザなどの利用環境が確定申告書等作成コーナーの推奨環境を満たしている必要があります。
 確定申告書等作成コーナーの推奨環境については、新規ウインドウで開きます。こちらをご覧ください。

STEP2:電子証明書を準備します。

 e-Taxで申告手続き等を行う場合には、本人確認を行う必要があるため、「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」が組み込まれている個人番号カードや住民基本台帳カードを準備し、ICカードリーダライタを用いて読み込む必要があります。個人番号カードの取得方法については、住民票のある市区町村窓口へお問い合わせください。
 なお、個人番号カードの交付開始以前に発行された住民基本台帳カードに組み込まれた電子証明書については、その有効期間内であれば継続して使用することができます。
(注)個人番号カードの発行状況については、こちらをご覧ください。

STEP3:ICカードリーダライタを準備します。

 パソコンに接続したICカードリーダライタで個人番号カードや住民基本台帳カードを読み込む必要がありますので、電子証明書に適合したICカードリーダライタを準備する必要があります。
 なお、ICカードリーダライタは、家電販売店等で3,000円程度で購入することができます。

STEP4:電子証明書をパソコンを通じてe-Taxに登録します。

 e-Taxを初めて利用する場合には、パソコンを通じて電子証明書をe-Taxに登録する必要があります。
 ICカードリーダライタをパソコンに接続し、確定申告書等作成コーナーのトップページから登録画面を開きます。この画面から個人番号カードや住民基本台帳カードに組み込まれた電子証明書をICカードリーダライタを用いて読み込み、e-Taxに登録します。
 なお、電子証明書を登録している方でも、電子証明書の有効期間が過ぎた場合や引っ越しなどにより電子証明書を更新した場合には、更新した電子証明書をe-Taxに再度登録する必要があります。

2 e-Taxを利用する場合のメリット

メリット1:自宅からインターネットで申告できます。

 確定申告書等作成コーナーで申告書を作成し、自宅からインターネットで送信することにより、税務署に行く手間や申告書を郵送する手間が省けます。

メリット2:添付書類の提出を省略することができます。

 医療費の領収書や源泉徴収票などの添付書類については、その記載内容(病院などの名称、医療費の支払金額、給与や公的年金の支払金額など)を入力し、送信することにより、提出又は提示を省略することができます(ただし、法定申告期限から5年間は、保存しておく必要があります。)。
 詳しくはこちらをご覧ください。

メリット3:還付金を早く受取ることができます。

 還付申告をe-Taxで送信する場合は、書面提出する場合に比べ、還付金を早く受け取ることができます(e-Taxで送信された還付申告は通常3週間程度で還付しています。)。

メリット4:24時間送信することができます。

 平成28年1月12日(火)から3月15日(火)までは、24時間e-Taxによる送信が可能です(メンテナンス時間を除く。)。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る