このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

Internet Explorer11上での文字入力の際に入力方法が勝手に切り替わってしまう場合の対処方法について

Internet Explorer11上での文字入力の際に、「全角入力」や「ローマ字入力」などの入力方法が勝手に切り替わってしまう場合の対処方法について

回答

 Internet Explorer11を利用してwebページに日本語入力を行う際に、入力モードを変更していないのに、勝手に全角入力から半角カナ入力になってしまったり、ローマ字入力が勝手にカナ入力になってしまうことがあります。

 これらの事象は、Internet Explorer11を利用している際の日本語入力システムの設定がMicrosoft IME以外になっている場合に起きることがあります。
 主な事象は次のとおりです。

 事象1:Microsoft Office IMEの場合
     全角入力が勝手に半角カナ入力になってしまう。
 事象2:ATOKの場合
     ローマ字入力が勝手にカナ入力になってしまう。

 これらの場合には、日本語入力システムをMicrosoft IME に切り替えることで解消することがあります。

 以下では、Windows7において日本語入力システムをMicrosoft Office IMEからMicrosoft IMEに切り替える方法をご案内します。
 なお、他の日本語入力システムをMicrosoft IMEに切り替える場合も同様の操作で行えます。

 日本語入力システムがMicrosoft Office IMEに設定されている場合は、次のように表示されています。

【IME言語バーでMicrosoft IMEを選択できる場合】

 IME言語バーのMicrosoft Office IMEのマークをクリックし、「Microsoft IME」をクリックして選択します。この方法により、日本語入力システムを切り替えた場合には、新たにwebページを開くまでは、切り替えた日本語入力システムで日本語入力が行えます。

 なお、次のようにIME言語バーでMicrosoft IMEを選択できないときは、【IME言語バーでMicrosoft IMEを選択できない場合】をご覧ください。

【IME言語バーでMicrosoft IMEを選択できない場合】

1 IME言語バーの上で右クリックをして、「設定」をクリックします。

2 「テキストサービスと入力言語」が表示されますので、「全般」タブの「追加」をクリックしてください。

3 「入力言語の追加」で「日本語(日本)」をクリックして、「キーボード」の「Microsoft IME」にチェックを付けて、「OK」をクリックします。

4 「テキストサービスと入力言語」の「全般」タブで「日本語(日本)-MicrsoftIME」を選択して、「OK」をクリックしてください

5 パソコンを再起動してください。

6 言語バーがMicrosoftIMEに変更されます。

※ 普段利用している日本語入力システムの設定から変更した場合には、入力予測等が機能しない場合がありますので、webページでの入力を終えられたら、必要に応じて設定を戻してください。

(参考)
 ATOKの場合の他の解消方法については、ジャストシステムのホームページに掲載されています。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

サブナビゲーションここから

特に多いご質問

サブナビゲーションここまで

  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る