このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナー



本文ここから

住宅借入金等特別控除の入力で家屋と土地等の取得対価の額の入力の仕方が分かりません。

 住宅借入金等特別控除の家屋又は土地等の取得対価の額の欄は区分されていますが、家屋と土地等を同時に購入したため、それぞれの取得対価の額が分かりません。どのように入力するのですか。

回答

 家屋や土地等の取得対価の額について、売買契約書等に家屋又は土地等の取得対価の額が区分されていない場合であっても、下記のとおりそれぞれの取得対価の額を合理的な方法により算出する必要があります。
※ 「住宅借入金等特別控除(入力画面判定)」画面における項目選択の内容によって、家屋と土地等の合計金額で入力できる場合があります。
 項目の選択内容に誤りがないか、再度ご確認ください。

1 消費税等の額がある場合

 合理的な方法として、例えば、消費税等の額を基礎として家屋の取得対価の額を計算するなどの方法があります。

【計算方法】

(1) 家屋の取得対価の額

 消費税等 ÷ 消費税等の税率(0.05又は0.08) = 税抜きの家屋の取得対価の額
 税抜きの家屋の取得対価の額 + 消費税等 = 家屋の取得対価の額

(2) 土地等の取得対価の額

 家屋及び土地等の取得対価の合計額 - 家屋の取得対価の額 = 土地等の取得対価の額

【計算例】

 家屋及び土地等の取得対価の合計額 30,000,000円
 消費税等の金額(※) 800,000円 の場合
 ※ 消費税等の税率が8%とします。

(1) 家屋の取得対価の額

 800,000円 ÷ 0.08 = 10,000,000円
 10,000,000円 + 800,000円 = 10,800,000円 (家屋の取得対価の額)

(2) 土地等の取得対価の額

 30,000,000円 - 10,800,000円 = 19,200,000円 (土地等の取得対価の額)

2 消費税等の金額がない場合

 まずは、売主の方にご確認いただきます。
 それでも分からない場合は、所轄の税務署におたずねください。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

閉じる