このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナー



本文ここから

高齢者等居住改修工事等(バリアフリー改修工事)

 この控除を受けるためには、建築士、指定確認検査機関、登録住宅性能評価機関又は住宅瑕疵担保責任保険法人の発行する増改築等工事証明書により証明されたバリアフリー工事である必要があります。

 バリアフリー改修工事とは、高齢者等が自立した日常生活を営むのに必要な構造及び設備の基準に適合させるための修繕又は模様替えで、次のいずれかに該当するものです。

1 介助用の車いすで容易に移動するために通路又は出入口の幅を拡張する工事
 
2 階段の設置(既存の階段の撤去を伴うものに限る。)又は改良によりその勾配を緩和する工事
 
3 浴室を改良する工事であって、次のいずれかに該当するもの
(1) 入浴又はその介助を容易に行うために浴室の床面積を増加させる工事
(2) 浴槽をまたぎ高さの低いものに取り替える工事
(3) 固定式の移乗台、踏み台その他の高齢者等の浴室の出入りを容易にする設備を設置する工事
(4) 高齢者等の身体の洗浄を容易にする水栓器具を設置し又は同器具に取り替える工事
 
4 便所を改良する工事であって、次のいずれかに該当するもの
(1) 排泄又はその介助を容易に行うために便所の床面積を増加させる工事
(2) 便器を座便式のものに取り替える工事
(3) 座便式の便器の座高を高くする工事
 
5 便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路に手すりを取り付ける工事
 
6 便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の段差を解消する工事(勝手口その他屋外に面する開口の出入口及び上がりかまち並びに浴室の出入口にあっては、段差を小さくする工事を含みます。)
 
7 出入口の戸を改良する工事であって、次のいずれかに該当するもの
(1) 開戸を引戸、折戸等に取り替える工事
(2) 開戸のドアノブをレバーハンドル等に取り替える工事
(3) 戸に戸車その他の戸の開閉を容易にする器具を設置する工事
 
8 便所、浴室、脱衣室その他の居室及び玄関並びにこれらを結ぶ経路の床の材料を滑りにくいものに取り替える工事

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

閉じる