このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

金融機関のATMによる納税手続

 金融機関のATMでの納付に当たっては、①収納機関番号、②利用者識別番号、③納税用確認番号及び④納付区分番号が必要となりますので、「納付区分番号通知確認(印刷)」画面で印刷した「納付区分番号通知」やご自身で作成したメモ等をお持ちください。

金融機関への納付指示

納付指示は、金融機関のATM(※)またはインターネットバンキング(※)から行うことができます。
※ ペイジーに対応している金融機関に限ります。

① ペイジーに対応している金融機関のATMの画面上で、料金払込(ペイジー)のメニューを選択します。

② 払込情報の入力方法では、「手入力」を選択します。

③ 国税庁の収納機関番号(00200)を入力します。

④  金融機関側では、入力された収納機関番号により納付先が国税庁であることを確認すると、利用者識別番号等を入力する画面を表示します。金融機関のシステムで表示される各欄に、対応する番号を入力します。

※ 金融機関のATMやインターネットバンキングを利用する際に必要となる「納税用確認番号(6桁)」がお分かりにならない方は、贈与税の申告書作成コーナーの「作成後の確認事項」画面の「納税用確認番号更新」ボタンから更新することができます。

⑤  確認画面が表示されますので、内容を確認します。引き続きATMの画面の案内に従い操作してください。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る