このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

償却の基礎になる金額とは(定率法選択時の入力)

資産の取得日ごとによって、計算が異なります。

平成19年3月31日以前に取得した資産の場合

前年末の未償却残高(「取得価額 - 前年末までの減価償却費の累計額」の金額)

(注) 減価償却費の累計額が取得価額の95%に達した年の翌年の場合(5年間の均等償却を行う場合)は、取得価額×5%になります。

平成19年4月1日以後に取得した資産の場合

平成28年中に取得した資産

取得価額の金額

平成27年12月31日以前に取得した資産

前年末の未償却残高(「取得価額 - 前年末までの減価償却費の累計額」の金額)

(注) そのほか、調整前償却額が償却保証額未満となる年分以後は、改定取得価額(最初に調整前償却費が償却保証額未満となる年の期首未償却残高)となります。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る