このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

残存割合

平成19年3月31日までに取得した資産を旧定額法等により償却する場合、取得価額から残存価額を差し引きして計算します。
残存価額は、取得価額に次に記載する残存割合を乗じた価額となっております。

残存割合表(平成19年4月1日以後に取得した資産は適用しません。)
資産の種類等 残存割合
建物、農機具などの一般減価償却資産 10%

 繁殖用の乳用牛、種付用の役肉用牛
 種付用の乳用牛
 その他用
- 
20%
10%
50%
30%

 繁殖用、競争用
 種付用
 その他用
- 
20%
10%
30%
綿羊、やぎ 5%
果樹その他の植物 5%

※ 牛と馬については、残存価額(取得価額×残存割合)が10万円以上となる場合は10万円とします。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る