このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

やさしい必要経費の知識

必要経費に算入できる金額とは

事業所得、不動産所得及び雑所得の金額を計算する上で、必要経費に算入できる金額は、次の金額です。

  • 総収入金額に対応する売上原価、その総収入金額を得るために直接要した費用の額
  • その年に生じた販売費、一般管理費、その他業務上の費用の額

必要経費に算入する時期について

必要経費となる金額は、その年において債務の確定した金額です。
つまり、その年に支払った場合でも、その年に債務の確定していないものはその年の必要経費になりませんし、 逆に支払っていない場合でも、その年に債務が確定しているものはその年の必要経費になります。
「その年において債務が確定している」とは、次の三つの要件を全て満たす場合をいいます。

  • その年の12月31日までに債務が成立していること。
  • その年の12月31日までにその債務に基づいて具体的な給付をすべき原因となる事実が発生していること。
  • その年の12月31日までに金額が合理的に算定できること。

必要経費に算入する場合の注意事項

個人の業務においては一つの支出が家事上と業務上の両方にかかわりがある費用(家事関連費といいます。)となるものがあります。
家事上の費用とは、家庭内の事柄に関する費用など、プライベートな支出のことをいいます。
例えば、交際費、接待費、地代、家賃、水道光熱費などが該当します。

この家事関連費のうち必要経費になるのは、取引の記録などに基づいて、業務遂行上直接必要であったことが明らかに区分できる場合のその区分できる金額に限られます。

必要経費になるものとならないものの例

  • 生計を一にする配偶者その他の親族に支払う地代家賃などは必要経費になりません。
  • 生計を一にする配偶者その他の親族に支払う給与賃金(青色事業専従者給与は除きます。)は必要経費になりません。

(注) 青色申告者でない人についての事業専従者控除の金額が、必要経費とみなされます。

  • 業務のための借入金の利息は必要経費になります。
  • 業務用資産の取壊し、除却や業務用資産の修繕に要した費用は、一定の場合を除き必要経費になります。
  • 事業税は全額必要経費になりますが、固定資産税は業務用の部分に限って必要経費になります。
  • 所得税や住民税は必要経費になりません。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

サブナビゲーションここから

関連する内容

このページを見た人がよく見ているページ

特に多いご質問

サブナビゲーションここまで

  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る