このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

医療費の入力方法別の説明

以下の入力方法確認フロー等を参考に、3つの入力方法の中から選択の上、医療費の入力を行ってください。

  • (※1) 医療費の明細書の見本についてはこちら
  • (※2) タブレット端末で確定申告書等作成コーナーをご利用の場合は、医療費集計フォームをご利用になれませんのでご注意ください。

【入力方法1】 医療を受けた人・病院ごとに入力する

支払った医療費の内容について、「医療を受けた人」、「病院などの名称」、「治療内容」などを1件ずつ入力します。
なお、領収書の枚数が多い場合は、「医療を受けた人・病院ごと」に金額を予め集計した上で入力することもできます。
→入力方法の確認はこちら

【入力方法2】 医療費集計フォームに入力したデータを読み込む

「医療費集計フォーム」とは、支払った医療費を一定の表計算ソフト(エクセルなど)で入力・集計するためのフォーマットです。
【入力方法2】では、「医療費集計フォーム」に入力・保存したデータを確定申告書等作成コーナーの医療費控除画面で読み込むことにより入力・集計を行うことができます。
医療費の件数が多く、エクセル等の表計算ソフトでの入力に慣れている方は、「医療費集計フォーム」を使用した入力が便利です。
新規ウインドウで開きます。→医療費集計フォームのダウンロードはこちら

【入力方法3】 医療費の合計額のみ入力する

「支払った医療費の合計額」及び「保険金などで補填される金額」の合計額のみを入力します。
この入力方法を選択する場合には、医療費の明細書及び領収書を提出又は提示する必要があります。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る