このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

医療費の領収書が多数ある場合の入力方法

複数の病院等で治療を受けるなど、その領収書が多数ある場合には、医療を受けた人ごとに、かつ、治療を受けた病院や薬局別に合計して入力していただいても差し支えありません。
なお、医療費の領収書が多い場合は新規ウインドウで開きます。「医療費集計フォーム」を利用した入力が便利です。

  • (注1) 上記の入力をし、e-Taxにより確定申告をされる場合には医療費の領収書の添付を省略することができますが、法定申告期限から5年間、その書類の提出又は提示を求められることがあります。
  • (注2) 「医療費の合計額を計算済みの場合」から「平成28年中に支払った医療費の合計額」を入力する場合(医療費の明細書を作成しない場合)は、添付書類の提出を省略することはできません。
  • (注3) 領収書は、まとめた金額が計算できるようにクリップやホッチキスなどで綴じておいてください。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る