このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

仕入れに係る対価の返還等の金額を売上(収入)に含めて計上している場合の入力方法

例として、一般課税・税込経理・事業所得(営業等)を選択された場合とし、「売上(収入)金額 」を48,600,000円、そのうち「仕入れに係る対価の返還等の金額」を3,240,000円として、ご説明します。

「事業所得(営業等)の売上(収入)金額等の入力」画面の入力

  • ① 「売上(収入)金額」欄に、仕入れに係る対価の返還等の金額を含む売上(収入)金額合計を入力します。
  • ② 仕入れに係る対価の返還等の金額は、計算の便宜上、「うち不課税売上」欄に別途入力します。
  • ③ 入力が終了したら「入力終了(次へ)」ボタンをクリックします。

「決算額等の入力(事業所得(営業等))(2/2)」画面の入力

「仕入れ対価の返還等・貸倒れあり」ボタンをクリックします。

「事業所得(営業等)の仕入れに係る対価の返還等・貸倒れの金額」画面の入力

「1 課税仕入れに係る対価の返還等の金額」欄に仕入れに係る対価の返還等の金額を入力し、「入力終了(次へ)」ボタンをクリックします。

以降の画面は、画面の案内に従って入力を行います。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る