このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

生活に通常必要でない資産を譲渡したとき

制度の概要

総合課税の譲渡所得の金額が赤字となる場合で、その赤字の金額の全部又は一部に「生活に通常必要でない資産」の譲渡に係る損失額があるときは、その損失額は、原則として、給与所得など他の所得と損益通算することはできません。

なお、「生活に通常必要でない資産」とは、以下に掲げる資産などをいいます。

(1) 貴金属、金地金、貴石、書画、骨とう等(注1)

(2) ゴルフ会員権等(注2)

(3) 競走馬(事業用の競走馬を除きます。)

(注1) 貴金属等は、1個又は1組の価額が30万円を超えるものに限ります。

(注2) ゴルフ会員権等は、主として趣味、娯楽等の目的で保有するもので、平成26年4月1日以後に譲渡されたものに限ります。

入力上の留意事項

作成コーナーで「生活に通常必要でない資産」の譲渡に係る損失額を入力する場合には、以下の事項に注意してください。

(1) 「計算結果入力」から入力する場合

総合課税の譲渡所得の金額が赤字となる場合で、その赤字の金額の全部又は一部に「生活に通常必要でない資産」の譲渡に係る損失額があるときは、「計算結果入力」では入力を行うことができませんので、「内訳書作成」から譲渡内容を入力するか、手書き等で申告書等を作成してください。

(2) 「内訳書作成」から入力する場合

総合課税の譲渡所得の金額が赤字となる場合で、その赤字の金額の全部又は一部に競走馬(事業用の競走馬を除きます。)の譲渡に係る損失額がある場合には、作成コーナーで申告書等を作成することができませんので、手書き等で申告書等を作成してください。


[平成28年4月1日現在法令等]
(所法9、33、62、69、所令25、178、200)

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る