このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

消費税の申告が必要になる場合

平成26年分の課税売上高が1,000万円を超えている個人事業者の方は、平成28年分の消費税の課税事業者に該当します。

なお、平成26年分の課税売上高が1,000万円以下であっても、特定期間(平成27年1月1日から同年6月30日までの期間)の課税売上高が1,000万円を超えている方は、平成28年分の消費税の課税事業者に該当します。

また、特定期間における1,000万円の判定は、課税売上高に代えて給与等支払額の合計額によることもできます。

課税事業者に該当する方が、平成28年中に業務の用に供していた機械などを譲渡した場合には、当該譲渡による収入は消費税の課税売上げに該当しますので、平成28年分の消費税の確定申告の際には、他の課税売上げと合算して、平成29年3月31日(金)までに消費税の確定申告と納税を行う必要があります。

消費税の申告や納税の手続については、「消費税及び地方消費税の確定申告の手引き」をご覧ください。


[平成28年4月1日現在法令等]

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る