このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

「e-Taxにより税務署に提出する。」を選択している場合の「特定口座年間取引報告書」の提出について

1 添付省略

 「e-Taxにより税務署に提出する。」を選択している場合、作成コーナーにおいて「特定口座年間取引報告書」に記載された内容を「金融・証券税制(特定口座)」画面に入力すると、その入力されたデータは申告書データと併せて送信(電子申告)されます(注1)。
 これにより、確定申告書に添付すべきこととされている「特定口座年間取引報告書」は、提出を省略することができます(注2)。

(注1) 「特定口座年間取引報告書」に記載された内容を入力していない場合は、別途、「特定口座年間取引報告書」等を提出していただく必要があります。

(注2) 原則として法定申告期限から5年間、税務署等からこれらの書類の提出又は提示を求められることがあります。詳しくはこちらの「2 添付省略できる第三者作成書類」をご覧ください。

2 「特定口座年間取引報告書」データの送信

 金融商品取引業者等から電磁的方法により提供された「特定口座年間取引報告書」(金融商品取引業者等の電子署名を付した一定のXML形式のものに限ります。)をお持ちの方は、この「特定口座年間取引報告書」を申告書データと併せて送信(電子申告)することができます。
 上記(注1)の入力をし、申告書データの作成後、「送信準備(同時に送信する決算書等データの選択)」画面において、申告書データにこのXMLデータの「特定口座年間取引報告書」を結合し、送信(電子申告)してください。
 この場合、その「特定口座年間取引報告書」を別途、税務署に提出する必要はありません。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る