このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

5TE371(認定住宅新築等特別税額控除)

更正の請求又は修正申告後の合計所得が、3,000万円を超えているため、認定住宅新築等特別税額控除の適用を受けることができません(租税特別措置法41-19-4)。

お手数ですが、入力内容をご確認いただき、誤り等がない場合は「認定住宅新築等特別控除」の入力画面を開き、認定住宅新築等特別控除を削除してください。

<参考>

認定住宅の新築等をした場合(認定住宅新築等特別税額控除) の概要等については、こちらをご参照ください。

(ご注意)

認定(長期優良)住宅新築等特別税額控除を適用して確定申告書を提出した場合には、その後においても、認定(長期優良)住宅新築等特別税額控除を適用することになり、住宅借入金等特別控除との選択替えはできませんのでご注意ください。

なお、認定(長期優良)住宅新築等特別税額控除を適用しなかった場合も同様です。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る