このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

TA-E73b003(前年から繰り越された株式等に係る譲渡損失の金額)

 「TA-E73b003 入力できる損失額は、確定申告において記載された損失額が限度額となります。更正修正前の課税額に前年から繰り越された株式等の譲渡損失がありませんので、前年から繰り越された株式等の譲渡損失の入力はできません。入力内容をご確認ください。」が表示されます。

回答

 このメッセージは、「更正の請求・修正申告前の課税額の入力」画面の「株式等の譲渡所得等」画面で、前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額を入力していない場合に表示されます。

1 確定申告で前年から繰り越された上場株式等の譲渡損失の金額を申告している(確定申告データを利用していない)場合

 「更正の請求・修正申告前の課税額の入力」画面に戻り、画面下部の「株式等の譲渡所得等」をクリックして、前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額を入力してください。

2 確定申告で前年から繰り越された上場株式等の譲渡損失の金額を申告している(確定申告データを利用している)場合

 読み込んだデータに前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額が入力されていない可能性がありますので、確定申告書等作成コーナーで確認してください。

3 確定申告で前年から繰り越された上場株式等に係る譲渡損失の金額を申告していない場合

 更正の請求又は修正申告において新たに損失額を追加することはできません。
(措法37条の12の2第8項)

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る