このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

TA-E99058(翌年以後に繰り越される先物取引に係る損失の金額)

このメッセージは「更正の請求・修正申告前の課税額の入力」画面の「先物取引に係る雑所得等」画面で、「翌年以後に繰り越される先物取引に係る損失の金額」に入力がない場合で、更正の請求・修正申告額の入力で翌年以降に繰り越す損失額がある内容(赤字となる場合)を入力をした場合に表示されます。

先物取引にかかる雑所得等の特例(繰越控除)は、当初の確定申告書に記載されていることが適用の条件になります。
このため、「更正の請求・修正申告前の課税額の入力」画面において、「翌年以降に繰り越される先物取引に係る損失の金額」欄に入力がない場合は、確定申告時に申告されていないとシステムにて判断し、このメッセージが表示されます。

<対応方法>

「更正の請求・修正申告前の課税額の入力」画面の「先物取引に係る雑所得等」画面に、「翌年以後に繰り越される先物取引に係る損失の金額」の入力があるか確認してください。

また、「更正の請求・修正申告額の入力」画面で入力した所得金額などを確認して、誤りがあれば訂正してください。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る