このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナー



本文ここから

ダイレクト納付をご利用の際の注意事項等

ダイレクト納付のメリット

ダイレクト納付は、税務署や金融機関に出向くことなく、自宅やオフィスなどから納付が可能となるほか、現行の電子納税にはない次のようなメリットがあります。

  • 納付手続が簡単(電子申告等の後、簡単なクリック操作で納付手続が完了)。
  • インターネットバンキングの契約が不要。
  • 即時または期日を指定して納付することが可能。
  • 税理士が納税者に代わって納付手続を行うことが可能(注)。

(注) 納税者本人の納税用確認番号等を登録しておくことが必要です。

ダイレクト納付を利用するときの注意事項

納税用確認番号等の登録

ダイレクト納付を利用する際には、納税用確認番号及び納税用カナ氏名・名称の登録が必要となりますので、e-Taxの開始届出書の提出(送信)時又はダイレクト納付の利用前に必ず登録してください。
なお、納税用確認番号及び納税用カナ氏名・名称の登録・更新については、こちらから可能です。

メールアドレスの登録(推奨)

e-Taxでは、メールアドレスを登録している方へ、メッセージボックスに情報が格納された段階で、登録しているアドレスあてに「【お知らせ】e-Taxをご利用の方へ」メールを送信しています。
預貯金残高不足等の理由により納付ができなかった場合には、再度、納付の期限内に納付手続が必要となりますので、ダイレクト納付を便利かつ安心してご利用いただくためにもメールアドレスの登録をお勧めします。

ダイレクト納付では、次の時点で登録されたメールアドレスにメールを送信します。

  • e-Taxのメッセージボックスに「ダイレクト納付登録完了通知」が格納された時(税務署にダイレクト納付利用届出書が提出された後、税務署と金融機関において所定の確認・登録作業が完了し、ダイレクト納付の利用が可能となった場合)
  • e-Taxのメッセージボックスに「ダイレクト納付完了通知」が格納された時(ダイレクト納付により納付が完了した場合)
  • e-Taxのメッセージボックスに「ダイレクト納付エラー通知」が格納された時(指定された期日に残高が不足していたなどの理由により、納付ができなかった場合)

ダイレクト納付の利用可能時間等

ダイレクト納付の利用は、e-Taxの利用可能時間であること、ダイレクト納付が利用できる各金融機関のダイレクト納付利用可能時間であることが必要です。

e-Taxの利用可能時間

通常期は、月曜日~金曜日の8時30分から24時(祝日等及び12月29日~1月3日を除きます。)です。
また、所得税及び復興特別所得税の確定申告期間中は、24時間ご利用できます。
なお、利用可能時間はメンテナンス作業等により変更する場合もありますので、事前にe-Taxホームページで確認してください。

各金融機関のオンラインサービス提供時間

ダイレクト納付が利用できる各金融機関のオンラインサービス提供時間外には、ダイレクト納付(即時納付)が行えません。
「利用可能金融機関一覧」で各金融機関のオンラインサービス提供時間が確認できます。

ダイレクト納付の操作

ダイレクト納付の具体的な操作につきましては、e-Taxホームページを参照ください。

期日を指定してダイレクト納付を行う皆様へ

納付日を指定された場合、指定された日の朝からダイレクト納付のための手続を開始しますので、指定した日の前日までに預貯金口座の残高をご確認ください。

その他

ダイレクト納付について、「ダイレクト納付」について特によくある質問を掲載しています。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

閉じる