このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナー



本文ここから

国外居住親族に係る扶養控除等を受ける場合にどのような書類が必要ですか?

国外居住親族に係る「親族関係書類」や「送金関係書類」が必要です。

国外居住親族に係る扶養控除、配偶者控除、障害者控除又は配偶者特別控除の適用を受ける方は、その国外居住親族に係る「親族関係書類」や「送金関係書類」を確定申告書に添付又は提示する必要があります。

親族関係書類とは

次の(1)又は(2)のいずれかの書類で、国外居住親族が申告をする方の親族であることを証するものをいいます。
(1) 戸籍の附票の写しなど日本国又は地方公共団体が発行した書類及び国外居住親族の旅券(パスポート)の写し
(2) 外国政府又は外国の地方公共団体が発行した書類(国外居住親族の氏名、生年月日及び住所又は居所の記載があるもの。)

上記(2)の書類の具体例については以下のとおりです(いずれも原本が必要です。)。

  • 戸籍謄本
  • 出生証明書
  • 婚姻証明書 など

送金関係書類とは

次の書類で、申告をする方がその年において国外居住親族の生活費又は教育費に充てるための支払を必要の都度、各人に行ったことを明らかにするものをいいます。

  • (1) 金融機関の書類又はその写しで、その金融機関が行う為替取引により申告をする方から国外居住親族に支払をしたことを明らかにする書類
  • (2) いわゆるクレジットカード発行会社の書類又はその写しで、国外居住親族がそのクレジットカード発行会社が交付したカードを提示してその国外居住親族が商品等を購入したこと等により、その商品等の購入等の代金に相当する額の金銭を申告をする方から受領した、又は受領することとなることを明らかにする書類

上記書類の具体例については以下のとおりです(いずれも原本又は写しが必要です。)。

  • 外国送金依頼書の控え(その年において送金をしたもの。)
  • クレジットカードの利用明細書(申告をする方がクレジットカード発行会社と契約を締結し、国外居住親族が使用するために発行されたクレジットカードで、その利用代金を居住者が支払うこととしているもの(いわゆる家族カード)に係る利用明細書をいいます。)

(注1) クレジットカードの利用明細書は、クレジットカードの利用日の年分の送金関係書類となります。
(注2) 国外居住親族が複数いる場合には、扶養控除等を適用する国外居住親族の各人ごとに必要となります。
(注3) 扶養控除等を適用する年に送金等を行った全ての書類を添付又は提示する必要があります。

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

閉じる