このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

学校の授業料や入学検定料について

消費税は商品の販売やサービスの提供などあらゆる取引を課税の対象としています。しかし、学校教育については、社会政策的配慮から授業料、入学検定料、入学金、施設設備費、在学証明書等手数料、検定済教科書などの教科用図書の譲渡を非課税としています。

授業料などが非課税となる学校の範囲は、学校教育法に規定する学校(幼稚園、小中高等学校、義務教育学校、中等教育学校、特別支援学校、大学、高等専門学校)、専修学校及び次の六つの要件すべてに当てはまる各種学校などです。

  • (1) 修業年限が1年以上であること。
  • (2) 1年間の授業時間数が680時間以上であること。
  • (3) 教員数を含む施設等が同時に授業を受ける生徒数からみて十分であること。
  • (4) 年2回を超えない一定の時期に授業が開始され、その終期が明確に決められていること。
  • (5) 学年又は学期ごとにその成績の評価が行われ、成績考査に関する表簿などに登載されていること。
  • (6) 成績の評価に基づいて卒業証書又は修了証書が授与されていること。
  • (注1)一般的に上記(1)から(6)の要件にあてはまらない学習塾、自動車学校、カルチャースクール等の授業料は非課税にはなりません。
  • (注2)幼稚園が、給食に係る経費を「授業料」として、スクールバスの運営に要する費用を「施設設備費」として徴収している場合は、非課税となります。
    なお、給食代、スクールバス代として別途徴収している場合は、非課税にはなりません。
  • (注3)参考書、問題集等で学校における教育を補助するための、いわゆる補助教材の譲渡については、学校が指定したものであっても、非課税にはなりません。


[平成28年4月1日現在法令等]

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る