このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナー



本文ここから

暦年課税

 1年間に贈与を受けた財産の価額の合計額(1年間に2人以上の人から贈与を受けた場合又は同じ人から2回以上にわたり贈与を受けた場合には、それらの贈与を受けた財産の価額の合計額)を基に贈与税額を計算する方式です。
 その財産の価額の合計額(課税価格)が基礎控除額(110万円)を超える場合には、贈与税の申告をする必要があります。
 その財産の価額の合計額(課税価格)から基礎控除額(110万円)を控除した残額(基礎控除後の課税価格)について、贈与者と受贈者との続柄及び受贈者の年齢に応じて、(3)の「贈与税の速算表」により「一般税率」又は「特例税率」のいずれかを適用して贈与税額を計算します。

(1) 一般税率

 直系尊属(父母や祖父母など)以外の贈与者から財産の贈与を受けた場合や受贈者が贈与の年の1月1日において20歳未満である場合には、「一般税率」を適用して贈与税額を計算します。この「一般税率」の適用がある財産を「一般贈与財産」といいます。

(2) 特例税率

 直系尊属である贈与者から財産の贈与を受け、かつ、受贈者が贈与の年の1月1日において20歳以上である場合には、「特例税率」を適用して贈与税額を計算します。この「特例税率」の適用がある財産を「特例贈与財産」といいます。

(3) 贈与税の速算表(平成27年分以降用)

【速算表(一般贈与財産用)】
基礎控除後の課税価格 税  率 控  除  額
200万円以下 10%
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円

1,500万円以下

45%

175万円

3,000万円以下

50%

250万円
3,000万円超  55% 400万円

≪一般税率を適用した贈与税の計算例≫ 500万円の贈与を受けた場合の計算例
(500万円-110万円)×20%-25万円=53万円

【速算表(特例贈与財産用)】
基礎控除後の課税価格 税  率 控  除  額
200万円以下 10%
400万円以下 15% 10万円
600万円以下 20% 30万円

1,000万円以下

30% 90万円
1,500万円以下 40% 190万円
3,000万円以下 45%

265万円

4,500万円以下

50%

415万円

4,500万円超  55% 640万円

≪特例税率を適用した贈与税の計算例≫ 500万円の贈与を受けた場合の計算例
(500万円-110万円)×15%-10万円=48万5千円

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで

閉じる