作成の流れ・追加機能・税制改正など


ご覧になりたい項目の次のボタンをクリックしてください。

作成の流れについて   追加機能について   税制改正について

  作成の流れ

  申告書等を作成する順番は次のとおりです。

確定申告書等作成コーナーでの操作等 申告書等の作成準備 提出方法の選択 申告書等の選択 申告書等の作成 申告書等の提出

1  申告書等の作成準備
入力に必要な書類(源泉徴収票や医療費の領収書など)を準備します。

2  提出方法の選択

申告書の提出方法には、@「e-Taxによる方法」と、A「印刷して書面で提出する方法」があります。

「e-Taxによる方法」で提出を行う方は、「公的個人認証に基づく電子証明書」、ICカードリーダライタの購入などの事前準備が必要です。

(注) 個人の方がe-Taxで申告手続等を行う際に利用する「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」は、平成28年1月より交付が開始されているマイナンバーカードに組み込まれています。マイナンバーカードの取得方法については、住民票のある市役所等へお問い合わせください。
なお、マイナンバーカードの交付開始以前に発行された住民基本台帳カードに組み込まれている電子証明書は、その有効期間(3年)内であれば継続して使用することができます。
提出方法の選択
3  申告書等の選択
作成する申告書等を選択します。
なお、不動産所得や事業所得がある方は、決算書・収支内訳書を作成してから引き続き所得税等の申告書を作成することで、入力した金額等を引き継ぐことができます。
4  申告書等の作成
画面の案内に従って金額等を入力します。
5  申告書等の提出

【e-Taxによる方法の場合】

申告書等はデータで送信し、必要な場合のみ添付書類を提出します(提出が必要な書類についてはデータ送信後、「申告書等送信票(兼送付書)」でご確認ください。)。


【印刷して書面で提出する場合】

印刷した申告書等と提出書類を税務署に、郵送又は持参して提出します(提出が必要な書類については申告書作成後、「提出書類等のご案内」でご確認ください。)。
入力の前にご確認ください
○作成コーナーのご利用案内

  追加機能

追加機能について

  確定申告書等作成コーナー(共通)

  所得税及び復興特別所得税の

確定申告書作成コーナー

  決算書・収支内訳書作成コーナー

  消費税及び地方消費税の

確定申告書作成コーナー






  確定申告書等作成コーナー(共通)

@

作成する申告書等を選択する画面について、レイアウトを見直すとともに各コーナーの説明を追加し、初めて利用される方にも入り口を分かりやすくしました。

確定申告書等作成コーナー(共通)の追加機能
A

分かりにくいとの意見が多かった申告データの保存・読込について、画面上に具体的な操作手順を表示し、迷わず操作できるようにしました。


  所得税及び復興特別所得税の確定申告書作成コーナー

@

給与所得者又は公的年金所得者の方が、より分かりやすく入力できるように専用の申告書作成画面を新設しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

A

平成27年度税制改正において、新たに創設された「財産債務調書」制度に対応しました。

B

住所・氏名等の入力画面について、レイアウトを見直し、入力しやすくしました。

C

寄附金控除の入力画面について、選択する項目を見直し、入力を簡素化しました。

D

寡夫・寡婦控除の入力画面について、選択する項目を見直し、入力しやすくしました。


  決算書・収支内訳書作成コーナー

   

決算書や収支内訳書の作成後、引き続き所得税の確定申告書などを作成する場合の操作が分かりにくいとの意見が多かったことから、操作の案内を追加しました。


  消費税及び地方消費税の確定申告書作成コーナー

   

平成26年分の複数の税率(5%及び8%)に対応した入力画面から、単一の税率(8%)の入力画面(一部の場合を除きます。)に変更しました。


  税制改正

税制改正について

 所得税

 消費税


 贈与税






閉じる