このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

給与所得控除とは

給与所得の金額は、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて算出しますが、この給与所得控除額は、給与等の収入金額に応じて、次のようになります。

ただし、給与等の収入金額が660万円未満の場合には、次の表にかかわらず、所得税法別表第五(年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表)により給与所得の金額を求めます。

令和2年分

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)

給与所得控除額
1,625,000円以下

550,000円

1,625,000円超
1,800,000円以下

収入金額×40% - 100,000円

1,800,000円超
3,600,000円以下

収入金額 × 30% + 80,000円

3,600,000円超
6,600,000円以下

収入金額 × 20% + 440,000円

6,600,000円超
8,500,000円以下

収入金額 × 10% + 1,100,000円
8,500,000円超 1,950,000円(上限)

(注) 同一年分の給与所得の源泉徴収票が2枚以上ある場合には、それらの支払金額の合計額により上記の表を適用してください。

令和元年分以前の給与所得控除の金額はこちらをご覧ください。

 
[令和2年4月1日現在法令等]

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る