国税庁マーク バナー
 エラーコード【HJS0407E】が表示された
Q エラーコード【HJS0407E】が表示された。

A 公的個人認証サービスに基づく電子証明書が格納されたICカード(住基カード)を認識できない場合に表示されます。

1 このエラーの原因は、次のものが考えられます。
(1) 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトがインストールされていない。
(2) 公的個人認証サービス利用者クライアントソフトにおいて、使用するICカードリーダライタの設定を行っていない。
(3) ICカードリーダライタが接続されていない。
(4) ICカードが正しく挿入されていない。
(5) ソフトウェアが正しく認識されていない。


2 このエラーの対応は、以下をお試しください。
(1) 「スタート」→「プログラム」→「公的個人認証サービス」→「JPKI利用者ソフト」をクリックすると、「JPKI利用者ソフト」画面が表示されますので、「証明書をみる」の「自分の証明書」をクリックして、電子証明書の内容が表示できるかを確認してください。
 表示されない場合は(3)に進んでください。
(2) インターネット一時ファイルを削除してください。
 削除しても改善されない場合は(3)に進んでください。
(3) ICカードリーダライタドライバのアンインストール及び公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのアンインストールを行い、改めてICカードリーダライタドライバ→公的個人認証利用者クライアントソフトの順で再度インストールしてください。


※ 設定方法などパソコンの環境については、「直接送信(作成コーナーから電子申告)のためのパソコンの環境をチェックする」をご確認ください。
 詳しくは、「確定申告特集」をご覧ください。

【HJS 0407 E、HJS0407 E、HJS 0407E】