国税庁マーク バナー
保険金などで補填される金額

Q 保険金などで補填される金額とはなんですか。

A 保険金などで補填される金額とは、次の(1)から(4)に当たるものをいいます。


(1)生命保険契約や損害保険契約に基づき医療費の補填を目的として支払を受ける医療保険金や入院給付金、傷害費用保険金など

(2)社会保険や共済に関する法律やその他の法令の規定に基づき、医療費の支払の事由を給付原因として支給を受ける給付金
 例えば、健康保険法の規定により支給を受ける療養費や出産育児一時金、家族出産育児一時金、家族療養費、高額療養費、高額介護合算療養費など

(3)医療費の補填を目的として支払を受ける損害賠償金

(4)任意の互助組織から医療費の補填を目的として支払を受ける給付金

※ 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
 支払った医療費を超える補てん金の取扱いについては、よくある質問「支払った医療費を超える補てん金」をご覧ください。

※ 保険金などで補填される金額が確定申告書を提出するときまでに確定していない場合には、その補填される金額の見込額を支払った医療費から差し引きます。
 後日、補填される金額を受け取ったときに、その額が見込額と異なる場合には、修正申告(見込額より受領額の方が多い場合)又は更正の請求(見込額より受領額の方が少ない場合)の手続により訂正することとなります。