このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
国税庁 NATIONAL TAX AGENCY
確定申告書等作成コーナーよくある質問



本文ここから

旧措置法37条の7

大規模な住宅地等の造成のための交換等の特例(旧措法37の7)

特例の概要

 面積20ha以上であることその他一定の要件を満たす一団の宅地の造成に関する事業が施行される場合又は大都市地域における優良宅地開発の促進に関する緊急措置法の認定を受けて行われることその他一定の要件を満たす一団の宅地の造成に関する事業が施行される場合において、その事業の施行地区内で、土地等とその事業により造成された宅地でその造成を行う者の有するものとの交換が行われたとき、又は造成された宅地の譲受けを約してその土地等の譲渡をし、所定の期間内にその宅地を譲り受けたときは、その交換に伴って取得した交換差金や土地等の譲渡価額と譲り受けた宅地の取得価額との差額についてだけ課税されます。

 「大規模な住宅地等の造成のための交換等の特例」に該当するか、どのような書類が必要か、詳しくは、最寄りの税務署にお尋ねください。

※平成30年度税制改正により、この特例は廃止されましたが、個人が平成30年4月1日前に行った旧措置法第37条の7第1項に規定する土地等の交換又は譲渡については、従前の例によることとされています(平成30年改正法附則73)。


[平成30年4月1日現在法令等]
(旧措法37の7)

この情報により問題が解決しましたか?

よくある質問で問題が解決しない場合は…

1.事前準備、送信方法、エラー解消など作成コーナーの使い方に関するお問い合わせ

e-Tax・作成コーナーヘルプデスク

2.申告書の作成などにあたってご不明な点に関するお問い合わせ

最寄りの税務署

本文ここまで


  • 前のページに戻る
閉じる

以下フッターです。
Copyright © NATIONAL TAX AGENCY All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る